Sunday, May 31, 2009

外国人受け入れ ポイント制を

外国からの優秀な人材の受け入れを進める方策を検討している政府の有識者会議は、研究の実績や日本語の能力などをポイントで評価し、一定のポイントを上回る人に、永住権の取得までの年数を短くするなどの優遇措置を導入するよう求める報告書をまとめました。

それによりますと、少子高齢化が進む中で日本が国際的な競争力を維持するためには、専門的な技術や知識を持つ外国人を積極的に受け入れる必要があるとして、国家戦略として取り組むべきだとしています。そのために職歴や研究実績、それに資格や日本語の能力などをポイントで評価し、一定のポイントを上回る外国人には、最も早い人で5年で永住権を取得できるようにするなどの優遇措置を与える「ポイント制」を導入するよう求めています。また留学生に対する支援を強化し、就労を支援するための相談員の配置や、奨学金制度を活用した生活支援をすべきだとしています。そのうえでこうした政策を円滑に進めるために政府内に推進組織を設けて、各省庁が一体となって取り組む体制を整備するとともに、各省庁に目標や期限を定めた行動計画を取りまとめるよう求めています。

Summary:
Japan government is considering to release the right of permenant residence (PR) to a foreigner in a shorter number of year from original 10 years to 5 years. In order to shorten the number of years to the acquisition of the right of permanent residence, a foreigner must be with professional technology and knowledge positively and with Japanese ability.

A qualification or Japanese ability with a point to miss it and demand it from a foreigner exceeding a constant point to introduce "point system" giving a courtesy to be able to acquire right of permanent residence with the earliest person by 5 years.

Labels: , ,


Comments:
buy tramadol without a script long will tramadol high last - tramadol 083 kali
 
Post a Comment

Links to this post:

Create a Link



<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

Free Counter
Free Counter