Saturday, November 21, 2009

スマート EV、量産第1号車がラインオフ




ダイムラーは19日、スマート『フォーツー』のEV仕様、『フォーツーed』(エレクトロニック・ドライブ)の生産を、フランス・アムバッハ工場で開始した発表した。まずは先行量産車として、1000台を生産する。

ダイムラーは2008年9月、スマートブランドの誕生10周年記念式典を実施し、現行フォーツーのEV仕様を初公開。ダイムラーは2006年、初代フォーツーをベースにしたEVを100台試作し、英国ロンドンで実用化に向けた実証実験を行ってきた。2代目フォーツーがベースのEVは、バッテリーをニッケル水素からリチウムイオンに変更し、さらに実用性が引き上げられた。

リアに置かれるモーターは、最大出力41ps、最大トルク12.2kgm。リアアクスルにレイアウトする2次電池は、提携関係にある米国テスラモータースから供給を受けるリチウムイオンバッテリーで、蓄電容量は14kWhだ。

充電は家庭用の220Vコンセントから行い、5割程度の充電なら約3時間、ひと晩あればフル充電が完了。フル充電時の最大航続距離は約115kmを確保している。ダイムラーの試算によると、電気代が安い夜間に充電すれば、100km走行当たりの電気代は2ユーロ(約265円)で済むという。

パフォーマンスに関しては、0-60km/h加速6.5秒と、ガソリン仕様のフォーツーと同等の加速性能を実現。最高速はリミッターにより、100km/hに制限されるが、シティコミューターとして必要十分な性能を持つ。

今回、フランス・アムバッハ工場では、フォーツーedの先行量産車1000台の生産をスタート。この1000台は、年末からドイツ・ベルリンで行われるEVの大規模実証実験、「eモビリティ」で活用される。そして、2012年、フォーツーedの本格量産体制に入り、欧州や米国の主要都市へ投入される。

スマートブランドの販売&マーケティング担当のMarc Langenbrinck氏は、「フォーツーedは、理想的なシティコミューターとなり得る」と自信を見せている。

レスポンス 森脇稔

Labels: ,


Comments:
This article is interesting and useful. Thank you for sharing. And let me share an article about health that God willing will be very useful. Thank you :)

Obat Penyakit Susah Kencing
Cara Mengobati Gondok Beracun
Cara Mengobati Gabagen
Cara Mudah Mengobati Diabetes
Cara Menyembuhkan Mata Minus
Cara Mengobati Gusi Bengkak
 
This article is interesting and useful. Thank you for sharing. And let me share an article about health that God willing will be very useful. Thank you :)

Khasiat Daun Sirsak untuk Benjolan
Obat Telinga Bernanah paling Ampuh
Cara Menghilangkan Benjolan di Miss V
Cara Memesan QnC Jelly Gamat
Penyebab Ginjal Bengkak dan Pengobatannya
Cara Mengobati kista Bartholin tanpa Operasi
 
Post a Comment

Links to this post:

Create a Link



<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

Free Counter
Free Counter